読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Music on my mind

「音楽」について興味の赴くままに書き込みします。

生花と音楽のコラボ "ike-log" 〜The 4th week in Feb. 〜 My Baby / David Pack

いや〜、寒いです。。真冬に逆戻りの厳しい寒さが日本列島を直撃していますね。春の訪れを体感するにはもう少し時間がかかりそうですね。せめてお花と音楽だけでも一足早く春を感じたいものです。早速、そんな2月最終週のお花にまいりましょう。

f:id:yoshy1967:20160225210543j:plain

f:id:yoshy1967:20160225210622j:plain

Arranged by master K.M

なかなか春らしいアレンジではないでしょうか。ピンクの「ストック」、パープルは「スイートピー」、黄色い「ソリダゴ」、小さくてかわいい「アストランチア」ととても華やかな組み合わせです。そんな中、今回初お目見えなのが、中央の白とピンクの花びらで存在感を示している「ラナンキュラス」です。

f:id:yoshy1967:20160225215442j:plain

この「ラナンキュラス」は、西アジアやヨーロッパ東南部が原産地で、日本名は「花金鳳花(はなきんぽうげ)」といいます。シルクのドレスのような肌触りの花びらや明るく輝く色合いから花言葉は「晴れやかな魅力」、「あなたの魅力に目を奪われる」なのだそうです。

 

そんなお花からはこんな1曲が思い浮かびました。

David Packさんが1985年にリリースした1stソロアルバム"Anywhere You Go"に収録されてました"My Baby"です。

f:id:yoshy1967:20160225213511j:plain

David Pack

f:id:yoshy1967:20160225213632j:plain

David Pack / Anywhere You Go (1985)

Packさんはプログレバンド"Ambrosia"のリードシンガー、ギタリストで、全米3位となる"Biggest Part Of Me"のヒット曲を持つ名グループでしたが、器用が故に音楽性がブレブレになり、グループは活動停止状態に。そんな中、もやもやを一掃するかのような、素晴らしいAORの名盤として今も輝きを放っているのがこの"Anywhere You Go"なのでありました。収録曲では、"That Girl Is Gone" "Prove Me Wrong" "I Just Can't Let Go"などが一般的に名曲として取り上げられることが多く、この"My Baby"はそれらと比べると隠れ名曲的な扱いかも知れないですね。でも晴れやかなメロディラインに乗るPackさんのハスキーで優しい歌声は、朝聴くのにぴったりな極上の西海岸サウンドでして、most  favorite なんですよね。僕はもう何年もiPhoneのアラーム音にこの"My Baby"をセットしていて、Packさんのジェントリーな歌声で朝を迎えております。

www.youtube.com

しっとりとしたラブソングもいいですが、これくらいのミディアムテンポのBPMが、歩調にジャストフィットし、春の晴れやかな空の元で散歩しながら聴くのにピッタリだと思います。歌詞にも彼女を守る男の心情が良く表れてて、今週の花言葉「晴れやかな魅力」とシンクロしているのではないでしょうか。

 

Anywhere You Go

Anywhere You Go

 

 

 

I Just Can't Let Go

I Just Can't Let Go

  • David Pack
  • ポップ
  • ¥250
That Girl Is Gone

That Girl Is Gone

  • David Pack
  • ポップ
  • ¥250
My Baby

My Baby

  • David Pack
  • ポップ
  • ¥250
Anywhere You Go

Anywhere You Go

  • David Pack
  • ポップ
  • ¥250
Prove Me Wrong

Prove Me Wrong

  • David Pack
  • ポップ
  • ¥250